Liberal Design

石川県金沢市のwebディレクター&デザイナー、池野美樹のお仕事とか日々とか。Unique in Design!

2012年10月21日 Categries: Diary

UX Kanazawa Vol.4 に参加してきました

10/20(土)に金沢で開催された、UX Kanazawa Vol.4 に参加してきました。

講師は長谷川 恭久(@yhassy)さん。
内容は「プロトタイピングから始めよう」

UX Kanazawaが発足したのは知っていたし興味もあったけど、何度か行くタイミングを逃し、ようやくVol.4にて参加できました。
ただし!参加前は若干の不安が。
そもそも自分の知識で参加しても大丈夫なイベントなの?私の知ってる・考えるUXとあまりにもレベルが違いすぎるハイパーな内容だったらどうしよう(´・ω・lll)・・・と。
だがしかし!行かねば始まらん。
もう、どんな内容だろうとどんな猛者がいようと、飛びこんでやろうじゃないの!
もう、あたしを好きにしたらいいわ!

・・・そんなことはさておき。
行ったら知ってる人も多いし、皆気さくで優しかったヽ(´ー`)ノ

さて、本題ですが。

イベント内容は、プロトタイピングの概要や、なぜwebでプロトタイピングが必要なのか、そしてペーパープロトタイピングのメリット・デメリットや注意点のお話を踏まえた上で、「もしUX Kanazawaのアプリを作ることになったら」という前提でのワークショップ&批評でした。
ちなみに長谷川さんの話し方、間の取り方、聴きやすくて良かった。

ワークショップは、2人~3人のグループを作り、そのメンバーでシナリオを考えるところから始まりました。
アプリの利用者像を考え、目的を設定し、絵コンテを書いて発表します。
限られた時間でほぼ初対面の方とアイデアを出し合いまとめるのは、とても刺激的でした!
そして「なかなか絵が上手ですね」と言われどんどん絵コンテ描く私(笑)。

▼チームごとの絵コンテ発表の様子
1チーム発表後ごとの長谷川さんのコメントが的を得ていて、なるほどとうなづくこと多し。

そして今度はスマホのUIを考えるワークショップ。
指を使ったインタラクションで限られた画面の大きさの中、何を優先して表示するか、どんな大きさのボタンを押させるか、そもそも目的なんだっけ?など色々話し合いながら考えました。
この頃にはチームの緊張もほぐれて、会話も活発になり、様々なアイデアが出ました。
ここでも「上手に書きますねぇ」と言われてどんどんUI描く私(笑)。
人を乗せるのが上手い人とチームを組んだのね。

▼UI発表&批評の様子
残念ながら、時間切れで私たちのチームのは発表できなかったですが、すごく充実した時間でした。
そして、批評というのは難しいなぁと実感。
ダメ出しではなく、なぜそうしたのかなど純粋な疑問をぶつけて、意図や目的の共有、そしてよりよい方へ向かうための議論でなければならない・・・
こういうのは、1人でやってる私としては、とても必要なことだと思いました。
批評や議論は、会社に属している・チームで仕事する醍醐味だよなぁ、と。

ということで、参加しての感想は、「UX楽しい!魅力的!もっとやりたい!もっと!もっとぉー!」
・・・なんかヘンタイ的な感想ですみませんが、本当に楽しかったです。
アレです、私、一人で仕事してると、意見交換や批評の場が、対お客様でしかなく、ちょっと物足りない状況なんだなと実感しました。よりよい物を作るためにチームで練るなどの刺激が欲しかったのかもね。
そういう意味で、今回参加できてUXへの理解を深められただけではなく、ワークショップの時間が長く取れたことでいい刺激をもらえたのは、本当に良い収穫でした。
主催のいちがみ(@ichigami)さん、ありがとうございました。
今回もカメラを構える姿は様になってましたよー!

そして、講師の長谷川さん、分かりやすいお話をありがとうございました!
そしてそして、チームのお二方もありがとうございました!

また参加したいなと思います(´∀`)ノシ

<おまけ>
休憩時間のひととき。
振り向いた村中さんの美しさと、奥に見える佐々木さんの笑顔が印象的だったのでパチリ。


© 2017 Liberal Design . All Rights Reserved.